群馬のリフォーム、風呂リフォーム、住宅リフォームは適正価格で健康リフォームの群住健へ

風呂リフォームから健康生活

風呂リフォームから健康生活

我が家は危険で見ていただいた通り家庭内における死因は、窒息や溺死が、1
位、2位でした。

窒息にも様々な原因が考えられますが、『タンが絡む』。これだけでも窒息し
てしまうこともあります。特に冬場の温度差が危険な環境です。

暖かい部屋でこたつに入っていて見ていたテレビ番組がCM になった内にトイ
レへ急に冷えきっている廊下に出て寒いトイレへ…

こんな経験ありますよね。急に冷えた空気を吸って急き込んでしまう。咽た状
態でのさらに冷えた空気、そして、暖かい部屋へ入るとタンが絡みっぱなしに
なってしまう。

この繰り返しが、喉と肺を弱らせ寝ている間にタンを詰まらせて…
こんな状況も多いのです。

しかし、一番怖いのが溺死に繋がるヒートショックです。先程の例もヒートシ
ョックの事例ですが、死の原因、脳梗塞、心筋梗塞など死に至らなくてもその
後の生活を変えてしまうほど影響します。

先程のように暖かい部屋でこたつに入り足だけは非常に暖かい状況です。そし
て、お風呂に入ろうと冷えきった洗面脱衣室へ。

ここで、リフォーム豆知識

赤い枠内はリフォーム時に気を付けたいポイントです。

それは、それらの部屋がほとんど北側に集中するからです。北側は、冬場陽が
あたりませんし風が強くホコリになるので窓を開ける機会も減ると思います。

そして、水回りが集中していることからも北側のこの部屋は寒くなってしまい
ます。リフォームする際は、冬場を考えてするのがポイントです。


こちらをクリック

洗面脱衣室で服を脱いで寒さを感じるとあわてて浴室内へ。浴室内では冷えき
った床(タイル)で温まっていた足は足裏が一気に冷たくなります。

浴室内もまた冷えていますが、浴槽のふたを取った途端に水蒸気であっという
間に鏡が曇ります。

この浴室環境が古いお風呂には非常によくありません。そしてお住いの家族に
も老若男女にかかわらず、危ない環境です。

古い浴室

そして、お湯をかけてドボン!「温かい」と感じた瞬間、頭やこめかみの血管
が心臓のようにどきどきしませんか。細くなっていた血管がお湯の温度で太く
なり水圧によって変形するので血液循環が非常に悪くなってしまいます。

風呂リフォームの大切さ・温度管理

いつものように元気だったのに…


私どものお客様のSさんは、60歳代の女性でとても明るく元気で「少し膝が痛い」と、言
うだけの健康な方でした。

居間とキッチンをイスの生活の方が、足腰の負担にならないのでリビング、ダ
イニングにリフォーム工事をさせていただきました。

「暖かいし、ソファーとダイニングテーブルの生活は足腰が楽でいい」と、喜
んでいただけました。

担当の者が定期訪問で伺った時も相変わらず元気で明るく「お茶でも飲んで行
ってよ」って笑顔で迎えてくれました。

「心配なのはお風呂ですね」と担当者が言うと、「古いし掃除は大変だしタイ
ルもあちこちヒビが入っているんだよね。一緒にリフォームすれば良かった」
と、奥さんもお風呂が気になっていたようでした。

お茶をもらった担当者は、底冷えのする夕方車に乗りSさん宅を後にしました。

タイルのヒビワレは、そこから水が浸入し土台を腐らせてしまいます。水だけ
ではなく、水蒸気や湿気もこのヒビから土台に回り悪影響を及ぼします。
ドアが閉まらなくなったり開けにくくなったりしていたら土台が腐ってしまっ
た影響です。ドア交換だけでももちろんできますが、土台も見た方が良いでし
ょう。ご相談ください。

浴室ドア  浴室タイルヒビ


こちらをクリック

「お風呂のリフォームの時もまた、お願いするからね」と、家の仕事を忙しそ
うにしながら、担当者と話していたそうです。

翌日の午前中

センターの電話が鳴りました。早い時間なので障子・ふすまのお問い合わせ
なと思い受付が電話を取ると昨日伺った Sさんの息子さん夫婦からの電話でし
た。

電話を担当者に代わると「夕べ、母が亡くなりました」との知らせでした。担
当者は信じられない様子で目を丸くしたままメモに書いてみんなに見せました。

電話を切った後、呆然としながら「昨日会ったばかりなのに…あんなに元気だ
ったのに…」と、小声で寂しそうでした。

Sさんの担当者は、 Sさんが初めてのお客様で一生懸命仕事をする担当者を S
さん家族全員で応援してくれていました。

昨夜、 Sさんの奥さんは、いつも見ているテレビ番組が終わるといつものよう
にお風呂に行ったそうです。家族もいつもと変わらない、いつものリビングで
した。

息子さん夫婦もお風呂のふたを開ける音までは聞こえたけど後は、別に気にし
ていなかったようです。

「なんか、鼻歌が聞こえないね」って若奥さんが、言ってからどのくらい時間
経ったのか、テレビ番組が終わってからだから、いくらなんでも長すぎるだろ
と思い、浴室をノックすると返事がなかったそうです。

「開けますよ」と、ドアを開けると顔までお湯に浸かった姿だったようです。
すぐに救急車を呼んだのですが、発見が遅かったようでSさんの奥さんは、戻
りませんでした。

万が一に備えてお風呂から室内を呼べるチャイムや音声で話ができる物がある
と安心です。今では、ボイラーのリモコンについていたりするので、ボイラー
交換の際はそんなところにも注意してください。


こちらをクリック

奥さんは、寒い洗面脱衣室で服を脱ぎ寒い浴室へ、冷えきったタイルの床、立
ち上る湯気、かけ湯もそこそこに浴槽へ…

溺死でした。
ヒートショックによる脳卒中で意識がなくなりそのまま浴槽で亡くなってしま
いました。

Sさんの奥さんケース最悪になってしまったケースですが、暖かい部屋から冷
えきった浴室に入って急に血管に異常や障害が起きて脳卒中や脳梗塞、心筋梗
塞になりお風呂場でドスンッと倒れてその後は、寝たきりや右、左の半身麻痺
言語障害などの後遺症も残ってしまうこともあります。

その後の生活が一変してしまうでしょう。

これを読んでいただいているあなたのご家庭のお風呂はどうですか?

  • 在来工法のタイル張りのお風呂
  • 床がタイル張りのお風呂
  • 北側にあるのでいつもヒンヤリしている
  • 換気扇しかついていない
  • 脱衣所も秋から冬は寒い
  • シャワーがよくでない
  • なかなかお湯にならない
  • タイルにヒビが入っている
  • タイルが割れて下地が見えている
  • ドアの開け閉めがやりにくい
  • 浴槽のお湯がすぐに冷めてしまう
  • 掃除が大変
  • カビが出やすい
  • 浴槽が深い

3つ以上当てはまると健康によくないお風呂です。それは、ご家族にも家にも
良いとは言えません。

「風呂ぐらいで大袈裟な」と、お思いでしょう。しかし、私どものお客様のケ
ースでも最悪の事態になってしまっているし家庭内の死亡率が交通事故より多
いのも事実です。そして、その原因の第1位が溺死なのも事実です。

溺死は、中高年のヒートショックだけではなく、小さい子どもの入浴も危ない
のです。上記に当てはまるお風呂は、大袈裟ではなくて危険な要因がたくさん
あるのです。

お風呂をユニットバスに入れ替えるような大がかりな工事をしなくても健康な
お風呂環境は作れます。

それには、私どものような健康リフォームのプロに見せていただければさまざ
まなアドバイスができます。


こちらをクリック

お風呂に入っていてこんな経験ありませんか?

  • 脱衣所で服を脱いでいる時に寒さで悪寒がする
  • お風呂の床に何度もお湯をかけないと温かくならない
  • 湯船の蓋を取ると異常に湯気が立つ
  • 体を洗っている時に冷気を感じる

元気だったから、いつも通りのことに家族の誰も気づけずに、元気だったから
ご自身もいつも通りに過ごしていたのです。

元気だったから…

もっと早く、お風呂のリフォームの話しをすれば良かった。換気暖房装置だけ
でもお勧めしておけばよかった。

リフォームするだけで健康の問題がすべて解決するわけではありません。でも
リフォームで大切な家族を危険な環境に置かないお手伝いはできると思います。

どうぞ、群馬県の皆様も健康とリフォーム、お風呂の環境をもう一度お考えく
ださい。

もう、こんな思いをしなくて済むように全力でご相談に乗らせていただきます。
お電話でもメールでもご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせはこちらへ

a:1790 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional